Manai Seminar

4/18(日)
【オンライン実験】
細胞の中はどんな世界?
デジタル&アナログで研究体験

観察し,仮説を立て,実験で検証!

ゆらゆら動くミクロの世界とは?

「分子ロボット」や「ナノテク」に惹かれる方にオススメ

みなさんの髪の毛の太さよりもずっと小さな「細胞の中」の世界。
細胞の中には,実は,小さな小さな”分子のロボット”がたくさん働いています。

「それはひと目,見てみたい!」
「いったいどんな風に動くロボットなの?」
そんな疑問をもった方にオススメのセミナーです。
PCソフトを使った観察と,一見簡素な“すごろく”を使った実験により,
観察し,仮説を立てて,検証するという研究の流れを3時間で体感できます。

講師を務めるのは,「生物物理学者」です。
次世代を担う先見的な研究者を養成する「京都大学 白眉センター」に所属している研究者と一緒に実験を体験してみませんか。
親子で協力しての参加も可です。
いざ,細胞の中の世界へ。

主なアクティビティ

実験1:微粒子の動画観察と,環境についての考察

  • 細胞よりも小さな粒子を水中に入れると、どんな動きをするか観察する
  • 画像分析ソフト「Tracker」を使って、微粒子の動きを分析する
  • 参加者それぞれが分析したデータを集計して、微粒子の動きの性質を調べる
  • 微粒子が動くメカニズムの仮説を立てる

画像分析ソフト ©Makito Miyazaki(Trackerより取得

実験2:“すごろく”で仮説を確かめる

  • 実験1で立てた仮説を元に,駒の動かし方のルールを決める
  • サイコロの出た目に従って駒を動かし,動きを記録していく
  • 参加者それぞれが記録した駒の動きを集計し,駒の動き方の性質を調べる
  • 実験1と2の結果を比較し,仮説の正しさを検証する

すごろくシート ©Makito Miyazaki

講師:宮﨑 牧人(みやざき まきと)

2006年 早稲田大学理工学部物理学科卒。2011年 京都大学大学院理学研究科博士課程修了・博士号(理学)取得後,早稲田大学先進理工学部物理学科ポスドク,助教をへて,2017年10月より現職の京都大学白眉センター特定准教授。2018年10月からフランスのキュリー研究所 招聘研究員,2020年12月からJSTさきがけ研究員を兼任。専門は生物物理学。生きている細胞を一旦バラバラに分解し,組み立て直して機能が復活する条件を探る「構成論的手法」を用いて,細胞が生きている仕組みの研究を推進中。
研究者プロフィール(京都大学 白眉センター)
開催日
4/18(日) 15:00~18:00
会場
オンラインまたは市ヶ谷ベース
※講師はオンラインでセミナーを行います
推奨学年
中学1年生〜高校3年生
持ち物
動画解析ソフトウェア「Tracker」をインストールできZoomに参加できるPC,イヤホンマイク,6目のサイコロ(電子アプリ可),5〜10色程度の先の細いカラーペン(色鉛筆可),定規(15cm以上),2次元すごろくシート
Trackerのインストール方法と,2次元すごろくシートは,申込後にご案内します
参加費
税込1,000円
申込締め切り日
4/14(水)

こんな中高生にオススメ

研究の手順を知りたい!
パソコン操作が苦じゃない
生物や物理が好き

参考になる資料や本

参加者へのお願い

政府・東京都の指導に従い,コロナウイルス対策の為,ご家庭での検温とマスクの着用,入退室時には手指消毒を随時行ってください。会場では常時換気の上,席の間隔を十分確保し余裕を持ってご着席いただきます。

セミナー受講に際しては,手洗い,うがい,マスク着用,咳エチケット等ご配慮をお願い致します。スタッフからもお声掛けさせていただきます。スタッフも必要に応じてマスク・フェイスシールドを着用させていただきます。セミナー受講者の所属・連絡先は全て把握しておりますのでご安心下さい。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

当日は参加者の方々が写りこむ形でセミナーの様子を撮影し,その写真や映像/音声を広報目的でインターネット上へ公開する場合があります。ご了承のうえ,お申し込みください。問題がある場合は事前または当日に運営スタッフまでお声がけください。

Manai Seminarの最新情報をGET!
友だち追加