Manai Seminar

10/21(水)【デジタル宇宙 第2弾】
地球外生命はどこにいる?

PC内のデジタル宇宙で,さまざまな天体へGO。
「生命が存在できる環境」は,どんなところ?

活発なインタラクションを楽しんでいるうちに
地球と太陽系の研究へ,自然といざなわれる

小学低学年・中学年の方々におすすめ!

Mitakaクレジット:国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト

国立天文台4D2Uが提供している
4次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」を使って,
PC内のデジタル宇宙を旅するセミナー第2弾。
旅先案内人は,対話や世界観を重視する科学コミュニケーター・谷明洋氏です。

ビューアーに画像と独自の解説が加わると,それはいわば“21世紀の天文図鑑”。
今回の旅路は,私たちの地球がある太陽系のなかです。
地球外生命をテーマに,エンケラドス,エウロパ,火星といった惑星・衛星をめぐります。
「地球惑星科学」と呼ばれる分野の導入にピッタリです。

講師は会場でセミナーを行います。
まるでゲームのようなMitakaの操作方法にも注目です。

今回は,とくに小学校の低〜中学年の方に推奨します。
前回参加した方も,参加していない方も同じようにお楽しみいただけます。

主なアクティビティ

“21世紀の天体図鑑”を鑑賞しよう

  • Mitakaでさまざまな天体を訪ねる
  • 地球外生命が存在する可能性のある天体の,多様な姿とは?
  • 生命が存在するために必要な条件を考える
谷氏による実演もお楽しみに(Mitakaクレジット:国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト)

生命が存在する環境を考える

  • そもそも,私たちの住む「地球の環境」って?
  • 何によってつくられ,保たれているのかを感じる
  • どんな惑星なら,生命が見つかるのか
好きな星へ旅する新しい“図鑑”体験(クレジット:国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト)
開催日
10/21(水) 16:30~18:30
会場
Manai市ヶ谷ベースまたはオンライン ※講師は会場でセミナーを行います
推奨学年
小学1年生〜4年生
参加費
1,000円(税込)
申込締め切り日
10/20(火)

こんな方にオススメ

プラネタリウムや科学館が好きな小学生
宇宙に行ってみたい小学生
地球外生命にワクワクする小学生

参考になる資料や本

  • 心ときめくおどろきの宇宙探検365話 (ナツメ社こどもブックス) amazon
  • 宇宙 (福音館の科学シリーズ) amazon
谷 明洋(たに・あきひろ)

講師:谷 明洋(たに あきひろ)

1980年静岡生まれ。天文少年→京都大学農学部→静岡新聞記者→日本科学未来館。現在は科学コミュニケーターとして,横浜市の建築デザイン事務所「オンデザイン」で「まちを科学する」仕事をしながら,複業的な個人事業も模索中。宇宙や生態系が好きで,地域に出かけて「星を見る会」などを開催している。
https://tanimark.world/

参加者へのお願い

政府・東京都の指導に従い,コロナウイルス対策の為,ご家庭での検温とマスクの着用,入退室時には手指消毒を随時行ってください。会場では常時換気の上,席の間隔を十分確保し余裕を持ってご着席いただきます。

セミナー受講に際しては,手洗い,うがい,マスク着用,咳エチケット等ご配慮をお願い致します。スタッフからもお声掛けさせていただきます。スタッフも必要に応じてマスク・フェイスシールドを着用させていただきます。セミナー受講者の所属・連絡先は全て把握しておりますのでご安心下さい。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

当日は参加者の方々が写りこむ形でセミナーの様子を撮影し,その写真や映像/音声を広報目的でインターネット上へ公開する場合があります。ご了承のうえ,お申し込みください。問題がある場合は事前または当日に運営スタッフまでお声がけください。

申込フォーム

参加を希望される方は以下のフォームにご入力ください。
不明点はseminar@manai.or.jpまでお問い合わせください。
















Manai Seminarの最新情報をGET!
友だち追加