The Spring Program for Future Scientists

  • Feature
  • Schedule
  • Outlines
  • Next Steps

プログラムの特徴

Manai 2020 Spring Programは、中高生を対象としたサイエンスプログラムです。参加生徒はリサーチプロジェクトやワークショップなどの実践的なプログラムを通じて、サイエンスや研究(リサーチ)について深く学びます。世界中から集まる仲間やメンターと一緒にサイエンスの世界に没頭するこの一週間は、かけがえのない体験となるでしょう。

Research Project

参加生徒は、あらかじめメンターによってデザインされたリサーチプロジェクトの中から一つ興味のあるトピックを選び、他のチームメイトと一緒にグループでリサーチに取り組みます。メンターからの指導やアドバイスをもとに、このリサーチプロジェクトを進め、参加するワークショップや講義も参考に主体的に学びを深めていきます。
生徒はこのリサーチプロジェクトに取り組むことで、将来にわたって使えるリサーチスキルや科学的アプローチの基礎を習得します。

Examples of Research Projects:

Ex 1.
The Travelling Salesman Problem
Field: Computer Science / Graph Theory
The travelling salesman problem (TSP) asks the following question: “Given a set of cities and the distances between them, what is the shortest route that visits each city once and goes back to the starting point?” The answer can be found by brute force: i.e., checking all possible round-trip routes to find the shortest one. However, as the number of cities increases, the number of possible routes grows beyond the computational capabilities of most computers. The challenge is therefore to find an algorithm to solve the problem efficiently. Over the years the TSP has been used as a benchmark for the efficiency of optimisation algorithms. And practical applications of the TSP are present in our daily lives: e.g., whenever we ask a phone app to give us the shortest or fastest route to our destination, or order a product online to be delivered to us. The goal of this project is to study some of the existing TSP algorithms, and write a computer program, which solves a logistics or planning related problem via a TSP solution.
Ex 2.
Understanding the rubber hand illusion
Field: Neuroscience / Psychology
The rubber hand illusion (RHI) is commonly used in neuroscience and psychology to investigate how our brain uses our senses to determine body ownership (e.g. knowing that this is my hand, knowing that it is my leg that is moving). In the RHI, participants watch a rubber (or any fake) hand being stroked, while their own hand is simultaneously stroked in the same way. After a period of repeated strokes, participants will start to perceive that the rubber hand has become part of their own body (i.e. they believe the fake hand is actually one of their own hands). Amazingly, some studies have even shown that under the right conditions, the same illusion can be induced with objects such as a piece of wood (i.e. they believe the piece of wood is part of their body!). The mechanisms of how the RHI occurs or why some people feel the illusion strongly or not at all are still not well understood. This experiment will investigate the different parameters (e.g. types of objects, colours, sensory stimulation etc.) on the strength of the RHI to better understand what combination of sensory information is used by the brain to encode self-ownership.
close
Workshops

プログラム中、さまざまな分野・領域のワークショップに参加することで、生徒の興味を刺激し視野を広げていきます。また、リサーチプロジェクトや将来の研究に必要なスキルを身につけるための実践的なワークショップも実施します。
これらのワークショップは、Manaiリサーチメンター、または東京周辺の研究所、大学の研究者の方々によって行われます。

Some of the past workshops:

  • Introduction to Python Programming / Field: Computer Science
  • Experiment to Clarify Gut Innate Immunity / Field: Cell Biology
  • The Amazing World of Very Low Temperature / Field: Physics
  • Science and Communication / Field: Essential Research Skill
  • Experimental Design Workshop / Field: Essential Research Skill
close
Mentors

このプログラムはリサーチプロジェクトを中心に構成されています。そのリサーチプロジェクトを支えているのが経験豊富なManaiのリサーチメンター陣です。リサーチメンターは、世界中色々な大学や研究施設で活躍している現役のリサーチャーや、教育者が担当します。
彼らは、生徒に寄り添い、リサーチプロジェクトおよび生徒の学びの機会をサポートします。

Alexander Tang
Alex Tang
B.Sc.(pharmacology and neuroscience) and PhD (neuroscience) from the University of Western Australia (UWA). After working in Japan for 2 years as a Research Scientist, Alex returned to Australia where he holds a combined lecturing and research position at UWA. Alex’s research interests centre around the physiological mechanisms of neuroplasticity in the young and ageing brain, as well as experimental methods (e.g. brain stimulation) to induce neuroplasticity for the treatment of neurological disorders or brain injury. Outside of work, Alex likes to play badminton and video games.
Cristina Valle
Cristina Valle
University Lecturer; Mathematics Consultant for an IT company. Ph.D. in Mathematics and Information Science from Tokyo Metropolitan University, M.S. in Mathematics from University of Turin. For her Ph.D., Cristina specialised in Algebraic Geometry, with a focus on plane curve singularities. In her spare time, Cristina enjoys hiking and rock climbing.
Stephen Lee
Stephen Lee
B.Sc. (Biomedical Engineering) from the University of North Carolina at Chapel Hill and M.S. (Biomedical Engineering) from Columbia University in the City of New York. Stephen is currently working to complete his Ph.D. at Columbia University, where he is developing new non-invasive technologies for modulation of neural activity. His research interests include using engineering and computational techniques to study sensory perceptions and how we can use devices to alter seemingly harmful signals in such cases as chronic pain. In addition to research, Stephen enjoys hip hop dancing and photography.
Fred Junghans
Fred Junghans
B.Sc./M.Sc. in Biochemistry from MLU Halle/Wittenberg. Fred’s main expertise in research is molecular biology and oncology. At the University, his research focused mainly on RNA-biology and microRNAs in the context of cancer progression. Besides research, he has gathered extensive experience in private tutoring of Japanese students in science and English. On the side, Fred is interested in kickboxing, yoga and all sorts of crafts.
close
Manai’s Diversity & Community

同プログラムは、世界中からサイエンスに興味をもつ生徒が参加します。参加生徒はさまざまな価値観に触れ、自身の視野や”世界”をより大きく広げていくことでしょう。
Manaiは、国内外の様々なバックグラウンドをもつ人々や専門家によるラーニングコミュニティです。参加生徒は、このコミュニティへのアクセスが可能となります。これまでに実施したシーズンプログラムでの18ヵ国、約200名におよぶ参加者はもちろん、メンター、大学教授、研究者、提携機関など、Manaiはこれからもネットワークを拡大し相互に繋がりあえる環境を提供します。

close

スケジュール

Day0: 3月24日*集合
Day1: 3月25日プログラム開始
-リサーチ
-ワークショップ
-実験
*Day4: フィールドトリップを予定
Day2: 3月26日
Day3: 3月27日
Day4: 3月28日
Day5: 3月29日
Day6: 3月30日
Day7: 3月31日プレゼンテーション
Day8: 4月1日*解散
  • 集合・解散についての詳細: Here
  • スケジュールは変更となる可能があります。
  • スケジュール等の詳細は参加者にのみ別途ご連絡します。
集合・解散について

当プログラムは基本的には現地集合/現地解散になります。到着目安としましては、宿泊施設のチェックイン時間の都合上3月24日 午後5時〜午後9時の間にて到着される様、お願い致します。

ご希望がございましたら、下記のとおり、お迎えとお見送りのご対応を予定しております。

  • お迎え/お見送り場所:羽田空港または東京駅
  • 日本時間 3月24日/ 4月1日いずれも正午12時〜午後6時の時間内の発着分について、Manaiのスタッフがお迎え/お見送りのご対応を承ります。
  • 国際線をご利用の方につきましては、早朝および深夜に発着する便のご利用はお控えください。
  • 詳細につきましては、ご参加が確定した方へ別途ご案内致します。
close

プログラム概要

日程2020年3月25日〜31日(7日間)
*集合・解散について: here.
会場Manai Tokyo Base 市ヶ谷 (Map)
宿泊施設ファーストキャビン TKP市ヶ谷
*Business Cabin
対象年齢14~17歳(グレード 9〜12 / 中学3年〜高校3年生 ) *2020年4月1日時点
参加費¥230,000
(プログラム参加費,宿泊費,食費,損害保険を含む)
*送金手数料は参加者負担
*損害保険は、プログラム中の不慮の事故などを補償するものです。風邪などの病気や参加者の不注意による怪我などは補償の対象外となります。
奨学金選考の結果が極めて優秀と認められた生徒若干名に対し上記参加費の免除を行います。
※航空券・会場移動の交通機関の旅費は免除となりません。
参加要件
  • 全て英語で実施されるプログラムに参加できる英語レベルを有している。
  • 生徒自身がモチベーションをもって全プログラムに参加できること。
  • サイエンスまたは研究に対する情熱をもっていること。
  • コミュニケーション/チームワークスキルを有していること。
主催株式会社Manai Enterprise

選考ステップ&
参加までの手続き

Step 1 エッセイの提出
参加生徒本人にて、こちら の応募フォームを作成し、送信してください。(全て英語での回答となります)

締切
一次募集:11月15日(金) 正午12時 (日本時間)
二次募集:12月5日(木) 正午12時 (日本時間)

Step 2 オンライン面接
エッセイの合格者は、ZOOMというオンラインミーティングアプリケーションを使用した、オンライン面接を実施します。
生徒と面接官1対1にて英語で行います。
面接日時は、エッセイ合格連絡と合わせて、メールにてご案内します。
Step 3 選考結果通知
一次募集:2019年11月30日まで/ 二次募集:2019年12月20日までにメールにて結果をお知らせします。
合わせて、参加費用の振込、参加同意書などの情報もご案内します。
Step 4 参加確定&お支払い
参加費用のお支払いをもってプログラムへの参加確定となります。
参加費のお支払期限は合格通知から10日以内です。
※奨学生は参加同意書の提出によって参加確定とします。
Step 5 フライト情報&ビザ申請
集合・解散の詳細に基づいて、東京までの行き/帰りの交通手段は各自で手配頂きます。
日本入国の際にビザ申請が必要な学生については、フライト予約の後にビザ手続に関する書類を発行します。
Apply締切:
二次募集
2019年12月5日
正午 (日本時間)